訪問看護師として働くための心得!

訪問看護師を目指している方は必見です!

訪問看護師になるために押さえておきたい知識



在宅看護において感染予防は大切な仕事の一つとなります。在宅感染予防は、病状の悪化や二次感染、再入院などのリスクを回避するために重要なことですが、病院と同様、対策を行うのは困難なうえ、コストも必要となります。そこで、在宅看護における感染症予防の3つのポイントについて、事前に押さえておきましょう。
http://www.xn--2-ieu1amw9i7j0cb7686imgrc9vxa5w5ab9j.com/index-25.html

まず1つめのポイントが「スタンダードプリコーションの徹底」です。 スタンダードプリコーションとは、感染症の有無によらず、すべての療養者に対して用いる予防策です。手袋・ガウン・マスクなどの使用を療養者に指導し、擦式手指消毒薬などを行うのが基本となります。

2つ目のポイントが「訪問看護師など、接触者による感染源の媒介防止」です。在宅看護の場合、患者さんは病院に入っているわけではないため、訪問看護師や介助サービススタッフなどを介して、病気に感染する可能性が高くなります。

在宅看護の場合、看護師や介助スタッフが、一日に数件の訪問を行うため感染の媒介となるリスクを負うことになります。そのため、接触感染には十分注意し、業務の前に手洗いを徹底するだけでなく、使用した医療機器や物品は徹底的に消毒するなど、在宅療養者に関わる全ての人が統一した予防策を取れるよう、計画を立てることが必要となります。

3つ目のポイントが「療養者・家族が共に最低限の予防策を続けられるようにする」という事です。在宅療養者の中には、IVHなどのカテーテル挿入を行っている方や、免疫力が低下している方が少なくありません。こういった方々は感染リスクが高くなるため、訪問看護師がいない間にも、適切や予防を行うことが必要となります。

そのため、訪問看護師には在宅における感染予防の重要性を療養者・家族に正しく指導し、適切な情報を提供することが求められます。また、提示する予防策を継続することが重要となりため、コストを考慮し、煩雑な手順が必要ない予防方法を提案する必要があります。
沖縄県看護協会

保健師と職場での服装

保健師の職業について間もない頃は、どのような服装をしたらいいのか迷うこともあるかもしれません。保健師というのは医療機関をメインに色々なシーンで私達の健康をサポートしてくれています。

ですが保健師さんを頭の中に思い浮かべようとしたとき、どのような服装で働いているのかよく分からない…、というのが正直なところです。

簡単にですが、保健師の服装について紹介させてください。保健師の服装は、一概にどうこうとは言えません。働いている職場によって異なるからです。

もしも保健師専用の制服がある職場でしたら、その制服を着用する必要がありますが、仕事の内容によってはエプロンをつけての仕事、といったことも少なくないのです。また制服など決まった服装がない会社もあります。

保健師といえば、白衣を見につけて職場を闊歩する、というイメージの人もいるかもしれません。もしも白衣で仕事をすることを希望しているのでしたら、業務内容によってはその希望が叶う可能性もありますので、就職や転職する前に、希望の職場では白衣を見につけられるのかどうかを調べておくのがオススメです。

近年では制服代わりにエプロン着用する職場が増えていますが、その場合はまた服装に悩んでしまいますよね。服装で内面が変わるわけではありませんが、保健師という仕事上、華美なものは避け、きちんとした身なりをすることを求められます。女性の場合はノーメイクをやめ、派手過ぎないナチュラルメイクを心がけましょう。

いちいち服装を考えるおが辛い、というケースでは制服のある職場に勤めてしまう事がベストです。

制服をレンタルしすることになりますので、仕事中はその制服で働くことになりますし、今日は何を着よう、明日は何を着よう、という煩わしさから解放されます。普通は夏服と冬服で制服は変わります。365日、服装のことを考えずに済むのは身軽でいいですよね。

保健師が転職を考える際には、服装を始め色々な悩みが出てきますが、最近では職場探しから転職サポートまで引き受けてくれる、転職サイトを活用する事で、その悩みを軽くする事が可能です。自分にあった保健師の職場を見つけるためにも、ぜひ上手に活用してみてください。

保健師の転職と転職対策

保健師というのは福祉や健康において大きな役割を担っている職業だといえますし、職業名称として耳にしたことのある人は少なくないと思います。ですが、その具体的な業務内容を語れる人はあまり多くありません。

勿論雇用側であれば、保健師がどのような仕事をするのか良く理解していると思いますが、ベテランの保健師でさえ、転職の際は履歴書や面接官に対して、どのように自分を表現していいのか悩んでしまうこともあると聞きます。

日々の仕事の忙しさの中で、今まで自分がどのような業務を行ってきたかを明確に文章に書いたり、口頭で説明するのが難しいケースもあるのかもしれません。

ですが転職の際は、どんなに立派なキャリアを積んできたとしても、それを相手にアピールできなければ、相手に「ぜひ雇用したい人材だ」、と思ってもらえないのが一般的です。職務履歴書をきちんと作ることや、面接対策を練り、自分を売り込んでいくことを考えていきましょう。

これまでどんなに仕事で頑張ってきたとしても、面接官はそのことを全く知る事ができません。勿論実績がすべてではありませんが、これまでの職務や行ってきた内容をきちんと面接官に紹介することのできる人の方が、転職には有利だと考えて下さい。

とはいえ、保健師の転職の際の面接対策を1人で行うのはなかなか難しいことです。そもそも転職先探しも慣れていない場合はなかなか見つけにくいと聞きます。

上記のような悩みを解決するためにも、保健師として転職したい場合にぜひ活用したいのが、看護師に特化した転職サイトなのです。看護師系の職場からの求人案件を、登録する事で探す事ができますし、なによりプロのスタッフが、転職希望者をサポートしてくれます。

例えば履歴書の書き方や職務経歴書の作り方のアドバイスや、転職希望先への面接でのアピール方法を一緒に考えてくれたりと、転職のプロの視線からのサポートは、転職者にとってはとても心強く感じられるでしょう。

元々自己表現が得意でない人は、転職に関する様々なことを助けてくれる業者を活用するのもいいと思います。中には面接時にも一緒にいてくれる転職エージェントもあるようです。

看護師系の転職サイトは登録する事で、非公開求人もチェックする事ができます。自分の希望をチェックする事で自分に合った求人案件も見つけられますし、担当のスタッフが転職希望者に合う案件を案内してくれます。

転職が初めての保健師さんやこれから働きだす保健師さんにとっては、ぜひ活用しておきたいシステムです。転職のプロのスタッフに、転職活動の具体的な相談をする事で、スムーズに効率よく転職活動を進めていってください。

保健師の転職(10年未満の場合)

保健師として10年ほど経験を積んできた方であれば、その経験値が大きな強みとなります。経験値をメリットとし、上手に転職活動を行いたいものです。

保健師として転職する職業として最もお勧めなのが、企業や事業所を職場とする産業保健師ではないでしょうか。大きな会社では社員の健康維持や福祉を充実するために、医務室や定期健診などを行っています。

但し産業保健師は人気の職業のため、求人が出てもあっという間に決まってしまうことも多いです。ですから産業保健師の求人が出たときには、すぐに確認できる体制を整えておく必要があります。

とはいえ保健師として10年近く経験を積んできた人材であれば、一般的には受け入れてもらいやすいと考えていいでしょう。今まで積んできた経験や能力は財産です。

保健師として1年~5年の人達と比較して、10年も保健師として働いてきたと人というのは、対人スキルもコミュニケーション能力も鍛えられていると、採用側は考えています。職場のストレスからメンタルヘルスケアを必要とする社員たちの相談に乗る際、話易い環境を作れるというのは貴重なスキルです。

他にも10年近く保健師を続けてきた人にオススメしたい職業があります。それは学校保健師です。産業保健師と同様に学校保健師も経験と経験に裏打ちされた能力が物を言う職業といえます。

10年近くも保健師を勤めてきたということは、保健指導や保健福祉プランの作成にしても、それぞれ生徒や教職員に合った方法を取る事ができるでしょう。年齢的にも若すぎない事が安心感を感じさせ、心を開いてくれる生徒も多いようです。

学校保健師の求人案件でも、経験者を優遇することは少なくありません。学校保健師は10年近く保健師として培った経験を、存分に活用するのにふさわしい職業だといえそうです。求人案件を探す際には公立だけではなく、私立の小中高校や、私立大学なども視野に入れてみてください。

上記ふたつの職業においては、欠員募集も見逃さないようにしたいところです。欠員が出てしまった側は、すぐに今までと同じか、それ以上に働いてくれるような人材を求めています。

となると、10年近く働いてきた保健師の今まで経験してきたことや能力が、面接官にとって魅力的に感じられることは少なくありません。ぜひご自分の経験やスキルを活かせる職場に出会ってください。

↑ PAGE TOP