訪問看護師として働くための心得!

専門看護師を目指すには覚悟が必要です!

専門看護師に必要な条件と収入・待遇

看護師の転職で次のステップとして多いものに専門看護師という職業があります。専門看護師とは、名前の通り特定の分野の専門的な知識と実務経験を有している看護師の方を言います。専門分野は現在11分野。がん看護や小児看護、精神看護など多岐にわたります。

特に総合病院などで勤務していると様々な患者さんと接するため、自分の傾向や適正といったものも分かってきます。総合病院で働いているけれど、次はもっと興味のある分野に絞って頑張っていきたいと考えて転職する看護師の方も多くいます。

そういった方に専門看護師は、向いているキャリアパスの一つと言えます。専門看護師はその分野でのエキスパートと言われる存在のため、知識だけでなく、経験も必要になります。 そのために看護系大学院の修士課程を卒業する必要があり、2年間の勉強が必要です。

また、実務経験は通算5年間必要で、そのうちの3年間は専門分野での経験が必要など、細かい条件もあります。2年間は勉強で手が一杯の状態になり、仕事をするのは難しい状況になります。専門看護師を目指すにはそれなりの費用と時間を確保した上で臨む事が大切になってきます。

収入・待遇面では専門看護師の資格の手当がプラスになりますが、専門看護師には夜勤がありません。通常は日勤になるため、夜勤手当で収入を伸ばしていた方は、それほど大きくはプラスにはならないかもしれません。年収ベースでは平均すると350~550万円ほどになっています。

勤務時間が安定し、働きやすくなるメリットはあります。専門看護師で一番大きいのはやはり仕事のやりがいという面でしょう。その分野を突き詰めてやっていきたいという想いがあって、専門看護師になるのであれば、仕事のやりがいという面では大きなものが得られるに違いありません。

収入・待遇面ももちろん大切ですが、専門看護師を目指す方は、エキスパートとして、仕事に誇りを持って頑張ってほしいと思います。

↑ PAGE TOP