訪問看護師として働くための心得!

転職して看護師は成長するものです!

なぜ看護師は転職するのか?

「良い環境で働きたい、一歩ずつ確実にスキルアップしていきたい、 家庭と仕事を両立させたい。」仕事をするなら誰でも考えることですし、 過酷な状況で働き続ける看護師の世界では、転職は珍しいことでは ありません。

看護師資格を活かし、より良い環境で働くことを望んで転職することは、 決して恥ずかしいことではありません。 患者側からみれば、スキルを身に着け、イキイキと働く看護師に対応して もらうほうが気分よく過ごせますし、それによって病院側にも 「評判の良い病院」というメリットが付いてくるのです。

どんな職に就いてもラクに報酬がもらえるということはありませんが、 看護師の場合は特にたいへんな部分があります。患者さんの対応はもちろん、 医師のサポートや書類作成、夜勤もあって生活は不規則、家族と過ごせる 時間も無い…。

こういった仕事を続けながら結婚して育児をするというのは、 非常に困難ですし、託児所すらみつからないことも考えられます。 そういった悩みを経て、家庭と看護師の仕事を両立させるため、 多くの看護師が転職へ向かっていくのです。

看護師が転職を望む理由は、ほかにもあります。 「さまざまな医療機関で働き、仕事の幅を広げたい」「安定した勤務時間 内で働きたい」「もっと給料の良いところを目指したい」など、 看護師資格を活かした転職を考える人は数多くいます。

現在の医療現場では、看護師を必要とする分野が広がりをみせ、そのぶん、 病院の看護師がいっそう不足するという状況に陥っています。 救急外来やオペをおこなう病院では、新卒の看護師を1から育てるよりも、 実績のある看護師の存在がクローズアップされてます。

また、女性の割合が多い看護師の職場では、人間関係も転職理由のポイント になっています。人間関係のトラブルはどこの職場でもみられることでは ありますが、人命に関わる重要な仕事を任されてる看護師だからこそ、 良好な人間関係のもとで働きたいと望むのは自然なことだと言えます。

↑ PAGE TOP