訪問看護師として働くための心得!

転職してから後悔しないためにも!

働く前にチェック!看護師が嫌がる職場

どのような職場でも、必ずなんらかの問題などがあるものですが、 看護師の世界はどうなのでしょうか。そこで、看護師が嫌がる 職場についてみていくことにしましょう。 これらのことを理解しておくと、転職する際にも活かすことが できますので、是非活用してみてください。

まず1つ目についてですが、職員の年齢層が高い職場です。 すでに出来上がっている、人間関係の輪の中に入りづらいという こともあるようですが、人間関係が複雑だったりするケースが多い ようです。

次に2つ目ですが、派遣社員やパートなどが多い職場です。 比較的小さ目の病院に多いようですが、人件費を削って、 その分儲けようとしている可能性があるといえます。

万が一、このような職場で、常勤として働くようになった場合は、 労働条件などが過酷になるケースが考えられるため、非常に忙しく なってしまうといえます。

また、人手不足なことから、架空の看護師の名前を勤務表に記載し、 夜勤のシフトを回している医療現場も、嫌がられる傾向にあります。 もちろん、夜勤では必ず正看護師が最低1人はいなければなりません。 ですから、明らかな規律違反ではありますが、正看護師の人数が足り ないことから、このような現象が起こってしまうようです。

そして、最後にご紹介する3つ目についてですが、職員の入れ替わりが 激しく、常に求人を出している職場ということになります。 定期的に求人案件を見ていると、頻繁に見かける医療機関などは ないでしょうか。

そのような職場は、何らかの問題がありますので、看護師に嫌われやすい 職場である傾向にあるといえるでしょう。また、そのような医療機関は、 近隣の住民からも嫌われている可能性がありますので、悪い噂が耳い入り やすいともいえます。

このように、看護師が嫌がる職場についてご紹介してきましたが、 これはあくまでも一部であって、すべてがこのような職場という ことではありません。

しかし、1つの職場で長く勤めていきたいのであれば、 必ずチェックしておいた方が良いことばかりですので、 頭の片隅に置いておくようにしましょう。

↑ PAGE TOP