訪問看護師として働くための心得!

面接でアピールすべきポイントとは?

看護師の転職での面接について

転職活動で一番ポイントになってくるものと言えば面接。面接でどのような振る舞いをし、どのような受け答えができるかで採用が決まると言っても良いでしょう。面接で聞かれる質問で多いものに「どうしてここで働きたいと思ったのですか?」という質問があります。

志望動機の部分ですが、ここは必ず答えられるようにしておきましょう。履歴書であなたの動機というのは書いて、面接官の方もそれを読んで大まかには分かるはずですが、それと同じ事だけを言うのではなく、もう少し掘り下げた事まで伝えられるようイメージしておくと良いでしょう。

今までどういった事を仕事の中でしてきたのか、その中で何を考えていたのか、そして、転職先でどのようにこれまでの経験を生かしていくのかという事を伝えていくと良いです。

特に大切なポイントとして、そのなぜ職場を一番良いと思ったのかという所を意識して伝えるようにしましょう。一例を挙げると「今まで病院で仕事をしてきて、在宅医療の仕事に携わった経験が自分にとって印象に残っている。

それをきっかけに在宅医療に力を入れている御社を仕事内容の面で良いと感じ、場所などの条件面も自分に合うと感じた」など、これまでの自分の経験から転職先の仕事に結びつくようなストーリーを組み立てておきましょう。

基本的な事ではありますが、今の仕事に不満があり、というのは採用の確率は低くなるので絶対にやめておきましょう。転職先の職場でも、また不満を持つのではないかと思われてしまいます。

必ず前向きな理由を伝えるようにすればあなたを採用した時に、転職先の方も、職場で貢献してくれる所をイメージしやすくなります。最近は転職エージェントのサービスなどを利用すると、面接の練習をしてくれる所もあるので、面接対策に不安がある方は利用してみると良いでしょう。

志望動機は必ず聞かれますが、あなたが転職を考えたきっかけという大事な部分でもあるはずです。しっかりと言葉で伝えられれば、面接官の方も理解してくれる可能性も上がります。

↑ PAGE TOP